創業~1960年代

1934(昭和9)年

4月
故久世福松(前会長)が業務用食品卸売業の久世商店を創業

1938(昭和13)年

4月
トマトケチャップの製造開始

1942(昭和17)年

4月
ソースの製造販売

1950(昭和25)年

1月
株式会社久世商店を設立(資本金50万円)

1963(昭和38)年

5月
資本金400万円に増資

1965(昭和40)年

5月
資本金800万円に増資

1967(昭和42)年

7月
商号を株式会社久世に変更

1968(昭和43)年

6月
資本金2,000万円に増資
1970年代

1973(昭和48)年

9月
資本金2,500万円に増資

1977(昭和52)年

4月
神奈川地区の営業強化のため、神奈川県横浜市に神奈川営業所を開設
6月
資本金3,100万円に増資

1979(昭和54)年

8月
業務用高級スープ、ソースを製造するため、連結子会社キスコフーズ株式会社を設立
1980年代

1981(昭和56)年

7月
資本金5,115万円に増資

1983(昭和58)年

4月
久世オリジナルブランド(PB)商品の販売を開始

1986(昭和61)年

1月
千葉地区の営業強化のため、千葉県千葉市に千葉営業所を開設

1987(昭和62)年

7月
埼玉地区の営業強化のため、埼玉県戸田市に埼玉営業所を開設
多摩地区の営業強化のため、東京都東大和市に多摩営業所を開設

1989(平成元)年

7月
トリュフ、フォアグラ等の高級食材を輸入、販売するため、連結子会社アクロス株式会社を設立
12月
外食事業の実態の情報収集のため、飲食店経営の連結子会社株式会社コノミーズを設立
1990年代

1993(平成5)年

5月
京浜地区の営業強化のため、神奈川県横浜市に京浜営業所を開設

1994(平成6)年

3月
生産能力の増大、生産効率及び品質管理の向上を図るため、清水市に連結子会社キスコフーズ株式会社の新工場を稼動
4月
東京地区の営業強化のため、東京営業部を本社併設から分離し、東京営業所として開設
7月
中京地区へ進出するため、愛知県名古屋市に名古屋営業所を開設

1997(平成9)年

7月
物流機能強化のため、埼玉県浦和市に浦和配送センターを開設
8月
関西地区へ進出するため、大阪府茨木市に関西営業所を開設
資本金10,365万円に増資

1999(平成11)年

1月
品質管理の徹底と保管設備の統合、配送効率の向上を図るため、埼玉県戸田市に首都圏DC(ディストリビューションセンター)を開設し、東京営業所と埼玉営業所の物流機能を統合
5月
業務の効率化を図るため、神奈川営業所を京浜営業所へ統合
2000年代

2001(平成13)年

3月
資本金22,905万円に増資
4月
自主検査の実施、品質管理機能の向上を図るため、「品質検査室」を設置
9月
資本金30,225万円に増資
9月12日JASDAQ市場に上場
12月
首都圏南部地区の営業力と物流機能を強化するため、神奈川県横浜市に首都圏南DCを開設し、浦和配送センター機能を統合

2002(平成14)年

1月
京浜営業所を首都圏南DC内に移転し、物流機能を統合

2003(平成15)年

4月
多摩営業所、国分寺市に移転

2004(平成16)年

4月
首都圏DCを戸田DC、首都圏南DCを横浜DCに呼称変更

2006(平成18)年

4月
連結子会社アクロス株式会社を当社営業本部内にアクロス営業部として統合
東京南部・神奈川エリアの物流サービス強化と効率化のため、神奈川県川崎市に川崎DC(KDC)を開設

2008(平成20)年

4月
神奈川県内の営業強化、業容拡大のため、京浜営業所を横浜支店に呼称変更
8月
PB商品にデザートブランド「Dolceze(ドルチェーゼ)」を立ち上げる

2009(平成21)年

6月
埼玉、多摩地区の物流業務の強化・効率化を図るため、埼玉県さいたま市に浦和DCを開設
7月
生鮮品の取扱い強化の一環として、生鮮野菜類の調達と販売を目的とした株式会社久世フレッシュ・ワンを設立
2010年代

2011(平成23)年

4月
中京地区の機能強化のため、名古屋営業所を名古屋市守山区から同市港区に移転
5月
ソース類の製造強化のため、キスコフーズ インターナショナル リミテッド「KISCO FOODS INTERNATIONAL LIMITED」をニュージーランド、クライストチャーチ市に設立
9月
久世グループ海外法人持株会社として「久世(香港)有限公司」を設立

2012(平成24)年

2月
神奈川地区の営業強化のため、神奈川県海老名市に海老名営業所を開設
3月
東京地区の営業強化のため、墨田区両国に墨田営業所を開設
東京地区の営業強化のため、目黒区下目黒に目黒営業所を開設
4月
関西地区の営業強化、業容拡大のため、関西営業所を大阪支店に呼称変更
5月
中国内陸部での業務用食材卸業展開のため、「久華世(成都)商貿有限公司」を設立
6月
中京地区の業務基盤を固め営業力強化を図るため、株式会社サカツ コーポレーションと業務提携

2013(平成25)年

4月
PB商品にノンフードブランド「キッチンサポート」を立ち上げる
8月
ISO22000認証取得
10月
埼玉地区の業容拡大のため、埼玉営業所を埼玉県戸田市から同市美女木に移転

2014(平成26)年

3月
神戸エリアの営業強化のため、神戸市三ノ宮に神戸営業所を開設
4月
生鮮品の販売力強化を目的とし、旭水産株式会社の全株式を取得(グループ入り)
10月
神奈川県西部地区の配送能力の拡大と効率化を図るため、神奈川県藤沢市に藤沢DCを開設
また海老名営業所を同所へ移転し、名称を藤沢営業所に変更
11月
関西地域の配送能力の拡大と効率化を図るため、大阪市港区に大阪天保山DCを開設

2015(平成27)年

9月
生鮮品の販売力強化を目的とし、青果仲卸会社である株式会社丸ユ商店と業務提携

2016(平成28)年

10月
多摩地区の業容拡大のため、多摩営業所を国分寺市から武蔵野市へ移転